教室紹介物語甘い物記事

【恐怖】レアレアとヘンゼルとグレーテル

「それにしても、ここにはいっぱいお菓子があるね」
「みてみて!プリンも!」
「えっ? …本当だ!」

おどろいた事にテーブルの上は、お菓子でいっぱいでした
淹れたてのコーヒーや、冷たいジュースも。

チョコやクッキー、まんじゅう、どこもかしこもお菓子です。
生徒さん達のお腹はペコペコだったので、みんな夢中で食べました。


すると、誰かの声がしてきました。
「誰だ、わたしのお菓子を食べてるのは?」

戸が開き出てきたのは、いかにも変態チックなオッちゃんでした。
「きゃー!」
「わあー!」
生徒さん達はビックリして、逃げ出しました。

そんな生徒さん達を、あくまで明るい変態のオッちゃんが呼び止めます。
「これ、お待ち。逃げなくてもいいんだよ。私はウクレレのセンセだ。さあ、好きなだけ食べなさい」

それを聞いて、生徒さん達はホッとしました。
「なんだ、叱られるんじゃなかったのね」
「よかったわ」

ウクレレのセンセは、生徒さん達にお菓子をたくさん出してくれました。
「さあ、どんどんお食べ。おかわりはたくさんあるからね

生徒さん達は、安心してお菓子を食べました。

ウクレレのセンセは、生徒さん達の顔を見回すと、ニヤリと笑いました。
『ヒッヒヒヒ、どの子から食べようかね。久しぶりに、おいしいごちそうにありつけるよ』

なんとウクレレのセンセは、人食い悪魔だったのです。
お菓子をおとりに、待ちぶせていたのです。
お菓子で太らせた生徒さんたちを食べるつもりなのです。

 

……この続きは削除されました。

続きを知りたい方は、ウクレレ教室レアレアに遊びにきて下さい。ヒッヒヒヒ !!!