ウクレレは楽しい!

ウクレレは楽しまないと! fun! fun! ukulele.

ウクレレは無理なく計画的に!

The ukulele : to the plan target without impossibility.

ウクレレを始めるからには、楽しまないと

さあ、ウクレレを買いに行きましょう。

まずは、マイウクレレを手に入れて、撫で回したり、頬ずりして可愛がりましょう。

「会いたかったよ、ダーリン!」

「会いたかったぞ、ハニー!」

…と、こんな感じでオッケーです。

ウクレレのナイスなボディのとりこになるもヨシ、
壁に掛けて、グラス片手に眺めながら、ゆったりと大人の時間を過ごすもヨシ、です。

ウッドデッキで日光浴を楽しむウクレレ

 

さて、気になるお値段ですが、これがピンからキリまであるんです。

あくまでドーラク(趣味)ですので無理のない範囲で…ご自分の財布と相談して買って下さい。

普通の楽器屋さんでも2千円位から売っています。
勢いとか衝動的に買うのには、もってこいです。

弾くとベンベン…と納得のいく音じゃなかったりしますが、

「まあ、初心者のウクレレとは、そういうものなのよ」と思えば腹もたちません。

上達してきたら、ちょっと高いのに買い換える、というのも、ひとつの楽しみです。

「あたし、新しいウクレレ買っちゃった!うふ」新しいウクレレ買っちゃった!うふ

などと、小脇に抱えて友達にプチ自慢するのも、また楽しみのひとつです。

ネットショップで買っちゃうのも、僕的にはアリです。
どうしても心配な方は、一度、手ぶらで無料体験&見学に来てご相談ください。

 

ウクレレをはじめると…start the ukulele.

コーヒータイムに…

  • 普通の生活ではなかなか出会えそうもない、色んな意味で楽しい人達と知り合える。
  • 結構、おしゃれなライフスタイルになる(あくまで主観です)。
  • 任意にコーヒータイム。
  • おしゃべりが盛り上がる。
  • 任意にベーグルタイム。
  •  ⇓
  • ウクレレレッスンと並行して夕飯の摂取が可能。
  •  ⇓
  • おかげで、生活時間の効率化が図れる。
  • さらに、遅刻も早退も自由。
  • そして、多少ウクレレも弾けるようになる。

ウクレレの醍醐味 Charm of ukulele.

Real pleasure of ukulele.

ウクレレの魅力

ウクレレの魅力

長所と見るか、短所と見るかは、あくまで個人の主観ですから、「え~、それは無茶でしょ」といわず、全て長所として受け止めてあげましょう。それがオトナってもんです。

とにかく軽い!第四世代ケータイ感覚

スマホピアノとかは、とても一人じゃ持ち上げられませんが、ウクレレはとっても軽いので簡単に抱え上げられます。 たった一人で。それも片手で。
ということは、いつでもどこへでも連れて行けるということです。
極端に言えば、少~し大きめのポケットがあれば、携帯電話と同じように気軽に持ち歩けるということです。

動きながら弾ける。あなたの思うまま。

でんぐりピアノやドラムは、人がある程度楽器に合わせて座って弾かなければなりません。
その点、ウクレレはとっても自由です。
横になって弾こうが、スキップしながら弾こうが、でんぐりがえししながら弾こうが自由です。

結構アバウト、いいかげんです。いいかげん⇒良い加減、これがウクレレ。

笑え上でも書いていますが、音(チュ-ニング)がズレやすいのもウクレレの特徴です。
ペグ(糸巻き)のネジがゆるいと、弾いている最中でも、聴いたことのないような音を出してくれます。
いいんです、そんな時は皆で笑えば。 笑えない状況なら、大きな声で歌っちゃえばいい。

弦が4本。ユーザビリティに優れた、人に優しい楽器。

ワイハF コードでギターを挫折した方も多いと思います。
一般的に人の指は、片手に5本しかないので、弦が6本のギターは、物理的に無理があると思うんです。その点、ウクレレは4本。 親指は使わないから、ちょうどいい。日本の小学生は、リコーダー(たて笛)を習いますが、ハワイの小学生はウクレレを習います。子供の手でも弾けるほどユーザビリティーに優れ、計算された世界標準規格デザインの楽器なんです。(←言い切ってますけど、いかなる苦情も受け付けませんからっ!)

ウクレレの魅力を挙げれば、まだまだ尽きませんが、これくらいにしておきましょう。

こういう癒し系の趣味は、思い立った時に始めることが、人生において、とってもプラスになります。